魅惑の布人形ぬいぐるみの動物 > 参考文献

ぬいぐるみ 参考文献

ぬいぐるみの動物を作るのに役立った本を紹介します。
手芸・クラフト関連図書が主ですが、写真集なども見逃せません。
にゃんころがしとノル

鍋島知津子の動物のぬいぐるみ (鍋島知津子)

子猫、ワンちゃんをはじめとして、ウサギ、アヒル、馬、ゾウにキリンに白クマ、ペンギンなど、さまざまな動物の作り方が載っています。
初心者にもやさしく、丁寧な解説と実物大型紙つきです。
絶版らしいので、図書館か古書店で捜してみましょう。

初めて作った小さな猫のぬいぐるみは、この本を参考にしました。
子猫

ハンドメイド・ドッグ (小柳英美) 文化出版局

副題『犬と暮らすこんな方法』

トイプードル、ミニチュアダックスフンド、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークなど、実物大でリアルな小型愛玩犬の作り方が中心です。
パピヨンロングコートチワワは、この本に載っているものをアレンジしました。

見ているだけで楽しい本ですが、作り慣れない人がいきなり取り組むのは、ちょっと難しいかもしれません。
なお、コートやバスローブなど、犬の服も載っていますよ。

私の愛する犬たち (ささき のん) パッチワーク通信社

リアル系だけど可愛い犬のぬいぐるみの作り方。
難易度・リアル度は『鍋島知津子の動物のぬいぐるみ』と『ハンドメイド・ドッグ』の中間くらいです。
初心者にも、中級者にもおすすめ。

目に工夫があって、親しみやすい表情をしています。
トレーナーとレインコートの着せ替え服も。

はじめてのぬいぐるみ うさぎ・ねこ・いぬ・くま (長谷川孝博) 日本ヴォーグ社

タイトル通り初心者向けですが、初心者とは思えないほどかわいくできあがること請け合いです。

私もタオルでロップイヤーうさぎを作ってみました。
にんじんうさぎ


続編『はじめてのどうぶつぬいぐるみ』には、パンダも登場。
ただし当市の図書館には置いてなくて、私は未読です。


スポンサーリンク

カタログ書、図鑑、写真集

実のところ、ぬいぐるみの作り方を解説した本はあまり多くはありません。
しかもテディベアやわんこが主で、目当ての動物に行き当たることなど期待しても無理です。

四足動物の基本を覚えたら、あとは図鑑や写真集を見てアレンジするのが手っ取り早いということ。
その類の本は百冊以上見ました。
ゴキブリの写真集なんか圧巻ですよ。
体の特徴をつかむには、写真よりも精密なイラストのほうが適しています。
その点、図鑑は役に立ちます。児童書コーナーは要チェックです。

ぬいぐるみを作り始めたころ手に取ったのが『世界の猫カタログ』(新星出版社)。
ロシアンブルーボンベイなど、この本を見て初めて知った猫もあります。
ロシアンブルーとボンベイ


魅惑の布人形
人形ギャラリー ぬいぐるみ動物ギャラリー
いろいろなぬいぐるみ 犬ぬいぐるみ
猫ぬいぐるみ

ルンルン手芸とぬいぐるみ
ぬいぐるみ作り方 るんるんソーイング
ミシンと日傘
創作手芸ハンティ・パンキー
男性下着柳腰亭
ABCが苦手でも英語サイト
貧盗恋歌

ぬいぐるみの動物ぬいぐるみ作りは楽しくない